塾を利用するとき

どんなときに中学生や高校生が塾を利用するのかというと、受験をするときが一番多いでしょう。勉強で躓いてしまった点をそのままにしてしまうと、受験が失敗しかねません。そのために十分な対策をするため、講師や塾の力を利用するのです。

受験に利用する

勉強

講師で決める

集団指導塾はどうしても合わないので、大阪にある個別指導塾を利用して受験対策をしたいと考える人もいるでしょう。
そういった場合は集団指導塾よりももっと講師の腕に注目したいところです。大阪には有名大学や高校が複数ありますが、そういった学校に多く合格者を出したような個別指導塾なら、すぐにでも利用したいと考えるところです。しかし、合格者率よりも良い個別指導塾を見出すコツというものがありますのでチェックしておいた方が良いです。
個別で指導を受けるのですから、集団だと周囲の生徒のモチベーションによって引っ張られるということがあります。しかし、個別だとそういった周囲の影響力がほとんどない状態なので、講師の指導力が鍵になってくるのです。
体験入学をすることも可能なので、情報をうまく活用しながら良い講師がいて受験に強い個別指導塾を探すようにしましょう。

良い講師の基準を知ろう

・学歴で選ばない
良い講師とは、良い大学を出ている人というわけではありません。良い大学を出ていても、教え方が分かりにくい講師であれば生徒が内容を理解できないのです。そのため、講師を選ぶときは学歴で選ぶのはNGです。

・受験のエキスパート
もし大阪の個別指導塾に受験のエキスパートといわれるような人がいて、そこに入学できる機会があるならその機会を逃してはいけません。塾において受験対策の需要は年々高まっているため、どこでも受験のエキスパートを確保することが難しい状況になっています。そういった講師は学力も高いため、生徒は影響されて勉強のレベルがアップするはずです。

・何度も教えてくれる人
大学生のアルバイトが講師をしているからといって、そこの講師のレベルが期待できないわけではありません。個別指導塾の講師に求めることといえば、分からないところは何度も教えてくれるという対応力です。個別指導を頼む生徒はどこかでどうしても躓いてしまう、それが気になって仕方がないという生徒でもあるので、そういった生徒にも根気強く教えてくれる講師だと良いでしょう。

スキルアップに取り組んでいる

個別指導塾を選ぶ際には講師だけでなく、塾がどのように講師について考えているのかについてチェックするのも良いです。
例えば採用の基準です。どんな講師が良いというわけでもなく、勉強が好きで学力がある方が当然良いわけですから、講師の採用基準が厳しい方が良い指導が期待できるのです。質の向上を求めるなら、塾のカリキュラムだけでなく、講師の採用法にも注目しましょう。採用基準を細かく開示しているような個別指導塾もあり、大変参考になります。もちろん、学力だけでなく教育スキルに関してもチェックしたいところです。学校よりも教育が求められているわけではありませんが、生徒に社会スキルを学ばせ、最低限必要なマナーを知らせるのは大切です。マナー講習なども行なっている塾であれば、採用基準が明確だといえるでしょう。
また、講師がそのスキルを向上させるための取り組みを、塾が行なっていると年ごとに指導のレベルが上下するということがありません。講師の学習指導プランを月ごとに確認し、もっと生徒が理解するための指導を講師に行なってくれていると安心です。生徒が志望校に受かるために必要なサポートは、講師に対しても必要であると理解している塾であれば、子供を預けられるといえます。

広告募集中